スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの思い出

子供のころ、近所の畑にあったイチジクの木。
それは子どもにとっては大きな木でしたので、
夏になるとたくさんの実がなり、みんなで外遊びをしておなかがすいてくると
いちじくの「早食い競争」をしていたものでした。

許可があったか・・もしくは拝借していたのか・・・笑。

あのツブツブとした食感と甘い味がだいすきだったけれど
茎から白い乳液がでて、口の周りにつくとたちまち痒くなるので
早食いをするのにはちょっとしたコツも必要でした。
今考えると贅沢な遊びですね。

先日フルーツ売り場できれいに並べられた無花果が売ってあり、
その頃のことをまた思い出してしまいました。
でも、木に生っている実のおいしさ、新鮮さを知っている以上
買ってでも食べよう!と言う意欲まではなく・・・

でも思い出してしまったから、止まりません・・・
無花果が食べたい!!新鮮でみずみずしい無花果が食べたい!!
じゃ~買って食べればいいじゃないの??
と、ココロのどこかでこだわりと葛藤している今日この頃です。

まだ食欲の秋じゃないですが、
美味しいものはシアワセな気分にさせてくれますよね。

シアワセ気分になりたいから、買って食べちゃおうかなぁ・・・笑。

いちじく

 
横田ゆかり

治療院のホームページはこちら

ランキングに登録しています。クリックして下さいね!



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。